【芍薬】髪と花 ”恥じらい” “つつましさ”

【芍薬】髪と花 ”恥じらい” “つつましさ”
【芍薬】
凛としていて華やかで、私自身とってもすきなお花です。

花言葉は、“恥じらい” “つつましさ”。
“立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花”という
美しい女性を意味する言葉も有名ですよね。

なんとなく古き良き日本女性を感じてしまいますが
芍薬は中国から伝わったお花で
江戸時代から観賞用として親しまれているそうです。
一見、牡丹とよく似ていますが、
葉や蕾、茎など よく見ると違う部分がたくさんあります。
お花屋さんで見比べて、たのしんでみてくださいね。


こちらのスタイルは、芍薬カラーのアイカラーがポイント。
アイラインを黒や茶にせず
同系色の濃い紫やボルドーにするとまとまりが出て挑戦しやすいです。

前坂美来乃

この記事を書いたデザイナーのご予約はこちらから

#心地よい暮らしと髪と人 #SHEA #表参道 #神宮前 #美容室 #ヘアサロン #Hitohana #Celvoke #ObyF #ARIMINO
#MILBON #Napla #Loreal